「代謝をアップさせる栄養素」として注目され話題急上昇中の「酵素」。
代謝アップと言えば、美容や健康はもちろん、アンチエイジングやダイエットにも重要です。
つまり、酵素をしっかりとれば、健康的に体の中から綺麗になれるということです。
また、体の免疫力も回復してくれる万能薬です。

そもそも酵素って何?

消化と代謝を助ける栄養素です。体内に存在しますが、不足しやすいので、食物から補うことが重要になります。

酵素とは、たんぱく質の一種で、人の体の中に存在する「潜在酵素」と食べ物から取り入れる「食物酵素」の2つがあります。人の体の中に存在する潜在酵素は、その働きによって2つに振り分けられます。ひとつが、食物を消化しやすい形に分解する「消化酵素」。もうひとつが、消化酵素によって分解・吸収されたエネルギーを体内で代謝させる「代謝酵素」です。

ところが潜在酵素は、1日に生産できる量が限られているだけでなく、年齢とともに生産量が徐々に減少し、力を失っていきます。また、謝った食習慣によっても減ってしまうため、多くの現代人が酵素不足に陥っているようです。

そこで活躍するのが、食物に含まれる食物酵素です。酵素不足を解消するには、第一に毎日の食事で酵素をたっぷり補うこと。
そして、限りある潜在酵素を無駄使いしないような食生活を送る事が大切です。

酵素は何に含まれているの?

生の食品全般に含まれていますが野菜、果物、発酵食品に豊富。

酵素は、野菜、果物、肉、魚などあらゆる食品に含まれています。ただし、それはすべて「生」の場合です!!
食物酵素には何万もの種類がありますが、その多くは、48℃以上で活力を失います。酵素を取り入れるには生で食べることがポイント。また、たとえ生でも、肉や魚、乳製品などの動物性食品は消化のために酵素を大量に使うので、食べ過ぎは禁物です。

酵素を取るなら、消化がよく食物繊維も豊富な生野菜や果物がベスト!納豆や漬物など、酵素の働きによって作られる発酵食品もオススメですよ☆

酵素が不足すると、どうなるの?

消化&代謝不良を起こし、美容や健康に悪影響をもたらします。

酵素はまず消化の方に優先的に使用されるため、酵素が少ない食生活を送っていると、本来代謝に回るべき酵素まで消化に回されてしまいます。つまり、慢性的に代謝の低い状態となり、便秘や肌荒れ、肥満の他、肩こりや頭痛など、さまざまな不調の原因になるのです。

過食や加熱中心の食生活は、大量の消化酵素を必要とします。酵素不足で食物がきちんと消化されないと、残留物が腸内で腐敗。増殖した悪玉菌が老化を促す活性酸素を生み出してしまいます。奥様方!!まさに酵素不足は美容の敵なのです・・・

生のものばかり食べていたら、体が冷えないの?

冷えるのは一時的。徐々に体質が改善されます。

たしかに、生野菜や果物を食べると、冷えを感じる事があります。でもそれは一時的なもの。毎日続ければ代謝がアップし、しだいに冷えが改善されていくのが実感できるはずです。寒い季節など、どうしても冷えが気になるという人は、しょうが湯やみそ汁など、体を温める食品を一緒にとるといいでしょう。

市販の野菜ジュースでもOK?

酵素パワーは期待できませんが、ビタミンやミネラル補給にはいいです。

紙パックやペットボトルに入ったジュースは、加熱殺菌されているため、残念ながら酵素は入っていません。酵素を取るなら自分で生ジュースを作るか酵素ジュースを作るのがベストです! ただし、市販のジュースでもビタミンやミネラルに富んだものはたくさんあるので、栄養補給に飲むのは良いでしょう。

酵素を無駄使いしないためにはどうしたらいいの?

酵素の活動リズムに合わせた生活を。朝は生の食品を取るのがオススメです!

酵素は活動リズムが決まっています。午前4時〜正午までは、老廃物を排泄するために、代謝酵素が働いている時間。この時間に加熱食や動物性食品をとると、酵素が消化に回って代謝がスムーズに行われません。
朝食は、食物繊維が豊富で排泄作用があり、酵素も補える生野菜や果物だけで十分です。また、消化酵素の休息している午後8時以降に食事をする、代謝酵素が最も活発になる睡眠時間に寝ない、と言った不規則な生活も、酵素の大量消費につながります。
酵素の活動時間を意識して、無駄使いを減らしましょう。

果物をたくさん食べると太らないの?

果物はすぐにエネルギー化する太りにくい食物です。

果物に含まれる果糖やブドウ糖は、消化吸収が早く、食べてすぐにエネルギーになる良質な糖分。
酵素が補給できるだけでなく、たっぷり含まれた水分や食物繊維が腸を掃除して老廃物を排出するなど、まさにいいことずくめです。

甘みを感じるわりにカロリーが低いので、朝食はもちろん、おやつやデザートに、積極的に食べましょう。

毎日の食事でどうとればいいの?

生の食品は、毎食必ず取り入れたいもの。生野菜や発酵食品を積極的にとって。

食事全体の比率を、加熱した食品4、生の食品6くらいにするのが理想。難しければ、朝食は生の食品飲みにする、外食事にサラダや発酵食品などの生の食品を2~3品とる、といった心かけをするだけで、大きな違いが出ます。
食物の中には野菜のように加熱することでかさが減って食物繊維をたくさん取れたり、栄養価が上がったりするものもあるので、生の食品と併用しながら、上手に取り入れましょう!

★食事で酵素を効果的にとる 3つのワザ

「生のものから食べる」「よくかむ」も酵素を効果的に取り入れるポイントです☆

食事で酵素をたっぷりとるためには、生野菜は欠かせません。食物酵素をとることができるのはもちろん、豊富に含まれる食物繊維が腸内環境を改善するため、酵素の働きが向上。
代謝もより活発になります。食事の際は、まず生の食品から先に食べること。先に取り入れることで食物酵素が良く働き、その後に食べたものの消化まで助けてくれます。
また、よくかむことも大切。唾液中の消化酵素・アミラーゼが大量に分泌し、口の中での消化にひと役かってくれます。

酵素食ワザ1 「すりおろし」

すりおろすと、酵素の働きが数倍に!

昔から胃腸が調子が悪いときには、大根やリンゴのすりおろしを食べるといいと言われていますが、これは実に効率的な酵素のとり方。食物をすりおろすと、細胞膜に守られていた酵素が外に出てきて数倍から数十倍に活発し、消化・吸収が良くなります。ただし、すりおろした食材は時間とともに酸化が進むので、食べる直前におろすのがポイント☆

酵素食ワザ2 「酢漬け」

効能豊かな酢には、酵素活性化パワーが!

酢の主成分である酢酸は、体内でクエン酸に変化。クエン酸は血液をサラサラにしたり、活性酸素を除去したりするほか酵素の働きをよくする作用があります。野菜や魚介類を使った酢漬けや酢のものは、先人の知恵が詰まった酵素食なのです☆

酵素食ワザ3 「発酵食品との組み合わせ」

酵素が作り出す発酵食品と生食材で酵素量アップ!

みそや納豆、漬け物などの発酵食品には、原材料が持つ酵素の他に、麹菌や乳酸菌などの微生物が作り出す酵素が含まれています。この酵素によってある程度分解が進んでいるため、消化はとてもスムーズ。独特のうまみを生かし、いろいろな生食材と組み合わせれば、手間や調味料いらずで味も酵素量もアップの1品が完成します☆

他にも、発芽したばかりの新芽野菜「スプラウト」は酵素の宝庫です。
新芽であるスプラウトは、いわば生命力のかたまり。発芽や成長に必要な酵素が最大限に蓄えられているため、少量でも効率的に酵素をとることが出来ます。
もちろん、ビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富だし解毒作用もあるので積極的に食卓に取り入れてみてください☆

(株)ソルティエラ

ページTOPへ